タナベセラピー研修会を開催しました。

今回は、リハビリテーション部のタナベセラピー研修会について紹介します。

 

まだまだ、聞き慣れない言葉かもしれませんが、

『タナベセラピー』とは、麻痺肢の反復使用に耐えうる運動機能を至短時間に

回復させるための複数のスキルを総称したものです。

最近では、全国的にも普及し始めています。

那珂川病院 リハビリテーション部においても、積極的に取り入れている手技でもあります。

 

先日のことですが、他の医療機関のリハビリスタッフの方をお招きして、

タナベセラピーの研修会を開催しました。

研修会には、片麻痺の方々にもサポーターとして参加して頂き、

講義と実技を中心に行い、たいへん有意義な研修となりました。

IMG_410811.jpg

参加した職員は、外部から参加された方々と切磋琢磨し、

また、サポーターとして参加された片麻痺の方々と意見を交換しながら、

訓練技術の向上に励みました。

IMG_41121111.jpg

 

那珂川病院 リハビリテーション部では、

今後も多種多様な交流を続けながら、更なる技術の飛躍に向けて、

そして日々の臨床において、

目の前の患者さんに、より良い訓練が提供できるように頑張ってまいります。

 

<リハビリテーション部 作業療法士:木村>

前の記事
那珂川病院 60周年夏祭り~♬

目次に戻る

次の記事
『ほどほど』が・・・一番??

  • いいねを押す