平成30年度 那珂川病院 臨床指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計条件(各項目共通)

  • 対象は平成30年4月1日~平成31年3月31日までの退院で、一般病棟に1回以上入院された患者さんです。
  • その他病棟のみに入退院された患者さんは含みません。
    ※その他病棟:当院では回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、地域包括ケア病床です)
  • 入院後、24時間以内に死亡された患者さんは含みません。
  • 在院日数は、一般病棟のみに入退院した日数、または一般病棟+その他病棟に入退院した全ての日数です。
  • 保険請求のみの患者さんです。労災、自賠責は含みません。
  • 10名未満の症例数は、-(ハイフン)で表示しています。
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 17 27 59 104 199 341 514 270
(解説)
・80歳代が一番多く、70歳以上の患者さんの割合が全体の7割を超え、地域全体の高齢化を反映しています。昨年度は10代と40代の患者さんも増加し、幅広い年齢層の方が来院されてます。 
・入院時の年齢で集計し、年齢階級別(10歳刻み)を表示しています。90歳以上は1つの階級として設定しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置なし-副病なし 104 23.64 20.92 8.7% 84.4
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病なし 24 13.17 12.58 0.0% 81.9
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置なし-副病なし 22 27.82 17.66 4.6% 88.8
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術あり-副病なし 22 2.05 2.67 0.0% 62.6
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置なし 17 32.29 14.58 0.0% 71.5
(解説)
・誤嚥性肺炎や尿路感染症、心不全は、患者さんの平均年齢が80歳以上となっており、高齢化社会を反映しています。
日常生活における基本的動作が困難で、自宅療養が難しい患者さんも多いため、施設入所を希望され、その調整に期間を要した場合等は在院日数が長めになることがあります。
・昨年度は大腸ポリープを切除する患者さんも増加しました。
・内科には緩和ケア科の患者さんも含みます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病なし 28 39.29 19.61 14.3% 80.4
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患-下肢静脈瘤手術等 20 2.00 2.85 0.0% 66.0
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし 19 9.00 7.75 0.0% 70.8
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 19 6.95 5.49 0.0% 39.9
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置なし-副病なし 16 14.50 8.95 6.3% 70.7
(解説)
・昨年度は大腸の憩室炎や急性虫垂炎の患者さんも増加しました。
・圧迫骨折は高齢者に起こりやすく、患者さんの平均年齢が80歳以上となっており、日常生活における基本的動作が困難になった場合は自宅への退院が難しいことがあります。施設への入所を希望される患者さんは調整に期間を要すると、在院日数が長くなることがあります。
・外科には血管外科の患者さんも含みます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 50 55.52 26.30 6.0% 82.0
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病なし 38 33.79 19.61 7.9% 82.3
160760xx97xxxx 前腕の骨折-手術あり 10 26.00 5.68 5.68 78.0
160820xx99xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼-手術なし
070350xx99x0xx 椎間板変性、ヘルニア-手術なし-処置なし
(解説)
・大腿骨の骨折に対してはほとんどの患者さんは手術を行っています。術後は回復期リハビリテーション病棟へ転棟して、リハビリテーションを中心とした総合的な治療を行っています。高齢の患者さんが多いこともあり、全ての入院期間では全国の平均在院日数を超えることがあります。
・圧迫骨折に対してはリハビリテーションを中心とした治療を行っています。自宅療養の前に一般病棟から地域包括ケア病床へ転棟してリハビリテーションを行うこともあり、在院日数が長めになることがあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置なし-副病なし 33 28.46 17.66 15.2% 87.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置なし-副病なし 25 27.32 20.92 12.0% 86.1
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置なし-副病なし
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病なし
050080xx99000x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)-手術なし-処置なし-副病なし
(解説)
・心不全と誤嚥性肺炎は、高齢の患者さんに多く見られ、当院でも平均年齢が85歳以上となっています。日常生活における基本的動作が困難で、自宅療養が難しい患者さんも多いため、施設入所を希望されてその調整に期間を要した場合等は、在院日数が長めになることがあります。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置なし-副病なし 15 28.87 12.05 20.0% 77.4
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置なし-副病なし
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-その他の手術あり-処置なし-副病なし
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置なし-副病なし-A-DROP スコア3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置なし-副病なし
(解説)
・当院では末期腎不全に対して、人工透析を中心とした治療を行っています。
・その他の慢性の腎不全に対しては、食事療法や薬物療法を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-片眼 56 1.25 2.84 0.0% 72.1
(解説)
近隣の開業されている眼科医と連携して、白内障に対して手術を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage
I
Stage
II
Stage
III
Stage
IV
不明
胃癌 12 1 8
大腸癌 30 1 8
乳癌 1 8
肺癌 27 1 8
肝癌 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
(解説)
・日本で現在最も罹患数の多い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の病期(ステージ)ごとの症例数を集計しました。Stageが「0」の症例は集計対象外としています。なお、再発がんは症例数のみを別に集計しています。患者数は延べ患者数です。
・大腸癌の初発は、合計では20症例を超えていますが、ステージ別に分類すると集計対象外となります。
・再発の症例が多くなっている理由は、当院は緩和ケア病棟を有しており、近隣のがん拠点病院やその他の医療機関からの紹介もあるためです。緩和ケア病棟では、がんに伴う痛みを和らげ、その人らしく穏やかな心で過ごして頂けるようサポートしています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 11 9.36 52.6
中等症 28 15.86 81.1
重症
超重症
不明
(解説)
・入院契機となった病名および最も医療資源を投入した病名が、肺炎、急性気管支炎、 細菌性肺炎(誤嚥性肺炎、ウイルス性肺炎、インフルエンザ肺炎を除く)であって、 日常生活の中で肺炎になった患者さんが対象です。(20歳以上)
・重症度分類はA-DROPスコアを用いており、下記の1~5のうち、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となります。
・A-DROPスコア
1.男性70歳以上、女性75歳以上
2.BUN 21mg/dL以上または脱水あり
3.酸素飽和度90%以下
4.意識障害あり
5.収縮期血圧90mmHg以下
軽症:0点の場合
中等度:1~2点の場合
重症:3点の場合
超重症:4~5点の場合
(ショックがあれば1項目のみでも該当)
不明:重症度分類の因子が1つでも不明な場合

・昨年度は、比較的若い年代の軽症の肺炎が見られました。
・中等度の肺炎でも、年齢が高くなるほど治療に時間を要し、平均在院日数も長くなる傾向があります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 14 54.57 83.6 9.1%
その他
(解説)
・最も医療資源を投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に集計しています。
・当院は回復期リハビリテーション病棟を有しており、脳梗塞の合併症を防ぎ後遺症を軽減するためにリハビリテーションを主に行っています。院内や他の医療機関からリハビリテーション目的の紹介患者さんが入院されています。
・他の医療機関から直接回復期リハビリテーション病棟へ紹介入院の患者さんは、この指標の対象には入っていないため、脳梗塞の総患者数は実際より少なくなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 21 0.00 1.05 0.0% 62.5
K654 内視鏡的消化管止血術
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
(解説)
・内視鏡を使用した大腸ポリープの切除術を行っており、ほとんどの患者さんが1泊2日です。
・診療科は、医療資源を最も投入した傷病の担当医が属する科で集計していますので、同一の手術でも別々の診療科で掲載しているものがあります。
・輸血、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術等の軽微な手術は含みません。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 20 0.00 1.00 0.0% 66.0
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 6.13 7.75 6.3% 65.8
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 15 1.07 3.93 0.0% 34.3
K6335 鼠径ヘルニア手術 14 2.79 5.00 0.0% 66.6
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 0.00 1.00 0.0% 65.8
(解説)
・当院では、腹腔鏡を使用した胆のう摘出や虫垂炎の手術を行っています。
・昨年度は例年より鼡径ヘルニアの手術も増加しました。
・外科には血管外科も含みます。他の医療機関に手術室を開放して共同指導を実施しているため、下肢静脈瘤の手術もあります。
・診療科は、医療資源を最も投入した傷病の担当医が属する科で集計していますので、同一の手術でも別々の診療科で掲載しているものがあります。
・輸血、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術等の軽微な手術は含みません。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 36 2.56 49.69 11.1% 81.6
K0811 人工骨頭挿入術(股) 17 4.41 58.41 0.0% 83.1
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc.
K0732 関節内骨折観血的手術(手)
K0463 骨折観血的手術(手(舟状骨を除く))
(解説)
・高齢者の転倒による大腿骨の骨折や腕の骨折が多く、当院では骨をつなげる手術や骨折の部位を人工材料で置き換える手術を行っています。
・手術後は速やかに回復期リハビリテーション病棟に移動していただき、リハビリテーションを中心とした治療を併せて行います。
・輸血、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術等の軽微な手術は含みません。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 56 0.00 0.25 0.0% 72.1
(解説)
・白内障に対する手術です。当院は近隣の開業されている眼科医と共同指導を実施して、手術室を開放しています。ほとんどの患者さんが日帰りです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
(解説)
・医療資源を最も投入した病名と入院の契機になった病名が同一か、それ以外かで集計しています。
入院契機欄の「同一」は入院時に既に発症していたことで、「異なる」とは入院後に発症したことを意味します。
・播種性血管内凝固症候群とは、重篤な感染症、悪性腫瘍などの原疾患の急激な悪化と出血傾向の増加を来した状態を意味します。
・敗血症とは、感染症に起因し、全身に炎症反応を来した状態をいいます。
・手術・処置等の合併症は透析シャントの合併症(狭窄、閉塞など)や術後の創部感染、挿入物(尿路カテーテルなど)の感染によるものなどです。
・当院では、基礎疾患の増悪により、二次的に敗血症や播種性血管内凝固を生じる症例では、昇圧剤投与や人工呼吸器管理などの集中治療を行い対応しています。
更新履歴
2019/9/30
平成30年度病院指標 新規掲載

前の記事
平成29年度 那珂川病院 臨床指標

目次に戻る

次の記事
令和元年度 那珂川病院 臨床指標

那珂川病院へのお問い合わせ

お問い合わせ先

電話番号:092-565-3531/FAX:092-566-6460

急患は24時間いつでも受診可能です。

当院は救急告示病院です。

交通アクセスはこちら

診療時間・休診日

平 日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00
休 診 日曜・祝祭日
年末年始(12/31~1/3)

※急患はその限りではありません

外来のご案内はこちら

  • 喜悦会 健康宣言
  • 外来担当医予定表
  • 採用情報
  • 健診センター
  • 在宅支援センター
  • デイサービス清和
  • オレンジハウス清和
  • ちくし那珂川病院
  • 二日市共立病院
  • 緩和ケア
  • 回復期リハビリテーション
  • 在宅医療
  • 人工透析
  • 看護部のご紹介
  • 関連リンク
  • 那珂川病院スタッフブログ

社会医療法人喜悦会 那珂川病院は、日本医療機能評価機構の認定病院です

当院の評価結果

那珂川病院の情報は携帯でも閲覧することが出来ます。